パートの探し方について

パートとアルバイトには、法律上の明確な違いはありませんが、実際に働く上での違いはあると言えるでしょう。

パートとアルバイトの違い

パートの探し方について パートとアルバイトには、法律上の明確な違いはありませんが、実際に働く上での違いはあると言えるでしょう。「パート」については、正社員よりも1日の労働時間が短いということや、長期間働くことが前提になっているという特徴がまず挙げられます。さらに主婦などが家事や育児の合間に行うケースが多いことや、仕事内容が正社員に近い場合が多いということも特徴だと言えるでしょう。次に「アルバイト」については、1日の労働時間が正社員と同じ場合も多いことや、働く期間が長期と短期の場合があるという特徴が挙げられます。そして学生が学校に通いながら行ったり、正社員が副業として行うケースが多いため、ある程度働く期間が限定される(いずれ辞めることを前提にして行う)ということも特徴の一つだと言えます。またパートやアルバイトという呼び方には、ハッキリとしたルールがないため、求人広告などを見る際は、労働条件などをよく確認するようにしましょう。

そしてパートとアルバイトの共通点としては、どちらも非正規労働(正社員でない)という形態になりますが、社会保険への加入や有給休暇の取得ができるということが挙げられます。ただし社会保険については、労働時間と労働日数が正社員と比べて4分の3以上ある場合という加入条件が設けられています。